スポンサードリンク



暑い日はカワイイおだんごヘアで♪

GW中は暑くなりそうですね。

日差しが強い日暑い日は涼しげにカワイイおだんごヘアでお出かけしませんか。


おだんごヘアは簡単に作れるたのもしい味方のヘアアレンジです。
ゴム1つもしくは2つでパパッツと作れちゃいます。
おくれ毛が気になる方はアメピンなどで軽くとめればすっきりしますが、カチカチなおだんごヘアよりもおくれ毛やサイドから髪を垂らす・下す方がふんわりとかわいいお団子ヘアになります。


浴衣にも似合うキュートなおだんごヘアならトップ2つに三つ編みを作り留めているゴムの輪に三つ編みを入れ込みます。

1つのおだんごヘアならシュシュや飾りゴム使いのオダンゴヘアがオススメ。ファッション誌のAnecan、cancamでもシュシュは度々かわいいシュシュがページ記事に載っていますよね。

そしておだんごヘアを作ったら前髪。
ポンパドールを作ってもかわいいですよ^^
スポンサードリンク



スポンサードリンク



手ぐしで作るおだんごヘア

手ぐしで作るおだんごヘアの作り方を紹介。

おだんごヘアは慣れればぱぱっと作り3分かからずに作れちゃうヘアアレンジの王道。


シンプルなヘアアクセがあれば十分カワイく仕上がるおだんごヘアですが、以外にも作り方やアレンジ方は沢山あるんですよね!
今回はクシ・コームを使わないおだんごヘアの作り方をちょっと紹介。



●用意する小物

ワックス、ゴム、飾りゴム
飾りゴムはこんなゴムが



まず、髪の内側にワックスをつけて髪を束ねやすくする。

手ぐしでポニーテールを作る。てっぺんより若干下あたりでまとめるとカワイく仕上がる。下でまとめるとオバサンっぽくなる・・・・。



ポイント★束を左右2つに分けてそれぞれ外側に引っ張る。
右の束は右に。左の束は左に引っ張るとおだんごヘアが崩れにくくなる。


束を持ち上げ手ぐしで髪を逆立てる。※コームを使ってもOK

束をまた半分に分け、片方を先にゴムに巻きつけ、残りの束も同じ方向に巻きつけおだんご状にする。

毛先はそのままで飾りゴムで結び、ふわゆる感を出す為におだんごを少し摘んでちょっぴり出す。
※慣れるまで毛先はアメピンなどで毛先を留める。


ふわゆる感が嫌な人はきっちり結び、仕上げにハードスプレーをかける。



以上、慣れれば3分掛からずに作れるおだんごヘアの紹介でした。
詳細はサンキュ8月号にて。


スポンサードリンク



スポンサードリンク



流行おだんごヘアのポイント

流行おだんごヘアポイントについて。
ヘアアレンジで一番簡単なまとめ髪は何かというと、おだんごヘアではないだろうか。

おだんごヘアはゴムやピンでおだんご状に髪をまとめるアレンジだが、そんな簡単なおだんごヘアも日々進化しているようです。

今、流行しているおだんごヘアのポイントはサイド髪のおくれ毛をどう処理するかでキマる。


顔のサイドにあるおくれ毛を軽くカーラーで巻き、ふんわり散らすことによりキュートさがUP。


きっちり派コームで髪をまとめたおだんごヘアより、今は手ぐしで無造作にざっくり作るやり方が人気が高いようですね。

ccancamなど有名ファッション雑誌などを見ていると無造作に作ったまとめ髪が多く、どれもキュートでかわいいヘアアレンジです。


おだんごヘアは浴衣に似合う髪型なので、旬なおだんごヘアをきっちりマスターしましょう。



スポンサードリンク



スポンサードリンク



きれいめの服に合う「おだんごヘア」

コンサバファッション系など、きれいめの服にぴったりな「おだんごヘア」の作り方。


おだんごヘアの基本の作り方より、少し低い位置でおだんごを作ります。
おだんごヘアの基本はこちら


仕上げのゴムに巻く時は、コンサバファッション系のきれいめ服に似合うよう、おだんごの巻きをしっかり巻きます。
しっかり巻くことで、きりりとした「おだんごヘア」が作れるので、
きれいめ服は元より、通勤など勤務先のヘアでもOK。

前髪は大きめのカーラーやヘアーアイロンで巻き、サイドをキラキラアクセ・ヘアピンで留めるとすっきりとした前髪を作れます。
ヘアアクセのピンは2本並べて留めると素敵。



ここで買える★AneCan掲載 ヘアアクセサリー一覧


スポンサードリンク



スポンサードリンク



基本の「おだんご髪」の作り方

基本の「おだんご髪」の作り方


●ポイント

ギュッと固くまとめるのはNG。
おだんごは高い位置に作り、ふんわりボリュームを出す事がポイント。



おだんごヘアの作り方



まずお辞儀をした状態で下を向きながら、うなじから毛先へブラシで髪をとかす。
※顔を起こした状態で髪をとかない事。


髪をといたら、頭を上げる。
頭のてっぺんでゴムで髪を結ぶ。

ヘアーコームを使い、束にした髪の毛を持ち上げ、ヘアーコームでボリュームを出す。
※ヘアーコームの使い方は、毛先から根元へヘアーコームを動かしてボリュームを出す。


ボリュームが出たら、毛先を持ち、ぐるっとゴムに巻き込むように巻く。
この時、ふんわりと巻き込むように。

巻いたら、毛先をアメピンなどのピンで留める。ゴムにブスっと挿す感じに留めるとくずれにくい。


手鏡などでおだんごを見ながら、作ったおだんごを指で少しつまんで、
ちょっとくずす。



かわいいおだんごヘアの基本は「高い位置で固く作らない」





スポンサードリンク



スポンサードリンク



おだんごヘアの作り方

おだんごヘア髪型作り方


おだんごヘアは暑くなるこれからの季節に重宝するヘアアレンジ。
おだんごヘアは、まとめ髪が簡単に作れるから人気なヘアアレンジですが、おだんごヘアといってもお団子を作る場所によっては、不器用さんにはやはり手こずる髪型。


でもコツさえ掴めばパパッと作れるのでここで紹介しますね!

ワックスがあれば作り易いですよ。

ワックス 売れ筋raking〜

ワックスと一緒にUピン、ヘアゴムを用意します。




おだんごヘアの作り方


オーソドックスなオダンゴヘア

おだんごヘアは、まず結びたい位置にポニーテールを作ります。
トップやサイドなど。
作ったポニーテールの束を持ち上げ、グルグルっと髪束をゴムに巻きつけます。
最後の髪は、そのまま結び目に巻きつけるようにしておだんごをつくります。Uピンで根元を留めればOK♪
お団子ヘアを作る際、ワックスを使うと崩れにくいです。



うなじから出る髪は、ヘアピンで止め、サイドの髪は無造作な感じがいいのであれば、ムースやワックスなど付ける。
もしくはコテでちょっと巻いたり。


ポニーテールを作る時、ゴムはしっかり結びます。
ユルく結ぶと形が崩れやすくなりますので。
ゴムに巻きつける時は一定方向に。
右に巻くなら右。


おくれ毛を生かしたナチュラルでラフな感じがキュートなおだんごが人気みたいです^^

ヘアピンは普通のピンでもいいのですが、おだんごヘアにキラキラヘアピンを付けたらカワイイおだんごヘアになりますよ。
スポンサードリンク


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。