スポンサードリンク



パーマの代わりにヘアアイロンで節約術

このところの不景気でパーマやカラーリング代を節約するために美容院に行く頻度を減らすOLや主婦が増えています。

実際のところ私も3ケ月に1度程度の割合で美容院に予約を入れていまが、考えてみると昔は1ケ月に1度は美容院でカット・カラーをしていました。
私のように3ケ月や4ケ月、長い人は半年という方もいるってことを知ってちょっとほっとしたような。


美容院の節約術はカラーリングは自分で染める、パーマの代わりにヘアアイロンで巻くというものです。

ヘアアイロンはパーマと違い1日しかもちませんが、その分その日の気分で巻き方をアレンジしたりできるのでパーマよりいいという女性が増えています。
また、数カ月美容院に行かないとのびてくるので髪にまとまり感がでなったり、長さが中途半端になったりします。
そんな時はヘアアレンジでアレンジして次回の美容院まで乗り切っています。
前髪をポンパドールにしたり、まとめ髪でおだんごヘア、夜会巻きにアレンジすることで解決できます。
中途半端な長さはちょっとヘアアレンジするだけで雰囲気も変わるのでアレンジテクを上手に身に付けることで節約にもつながりそう。

パーマ代の全国平均は7500円になるそうです。
私は節約した分、ちょっとしたヘアアクセを購入してアレンジを楽しんでいます。
スポンサードリンク



スポンサードリンク



簡単おだんごヘアは高い位置で作ろう

簡単おだんごヘアは頭の高い位置で作るやり方が、ファッション誌や主婦向け雑誌でよく見かけるヘアアレンジです。


おだんごヘアは高い位置で作る。


おだんごは顔の正面から見て、頭の上からおだんごが見えるように作ります。頭の上にお団子を作るコツは、頭を下に少し向けながら手ぐし、もしくはコームで髪を束ねると、後ろ髪が盛り上がりにくくなります。


髪を上部でまとめる作り方は、どうしても後ろ髪が浮いたりするのでまとめにくいのも難点ですが、すっきりとしたまとめ髪に仕上がるので、是非頑張って練習してみましょう!下を向いて髪を上げる、これがコツです。



前髪はそのままでもOKだし、ポンパドールにしてもカワイイです。



頭の上部に髪をまとめれたら次は、髪をネジネジねじってUピンでおだんごを作ります。
Uピンで留めた後、スワロフスキーのヘアアクセサリーをおだんごの横に挿せば、おだんごの崩れを防げるし、流行りのおだんごヘアの出来上がりです。


もしUピンが使いにくい時は、シュシュなどでおだんごを簡易的に作る方法もあります。私は時間がないときはシュシュでおだんごを作って通勤しますよ^^


スポンサードリンク



スポンサードリンク



ヘアアレンジ まとめ髪

ヘアアレンジ まとめ髪


ヘアアレンジで「まとめ髪」というと、大人っぽいまとめ髪なら「夜会巻き
普段使いからキュートなまとめ髪なら「おだんごヘア

ゴムで無造作に結ぶのも、まとめ髪ですね(笑
ゴムで1つに結ぶまとめ髪は、最悪「おばさん結び」などと言われたまとめ髪ですが、
キラキラなアクセが付いたゴムがたくさんありますので、ヘアアクセ次第でかわいい「まとめ髪」に仕上げる事ができます。


まあ、1つ結びは小学生でも誰でも出来るので紹介はしませんが、やはり一度は作ってみたい「まとめ髪」は「夜会巻き」。


夜会巻きは結婚式やパーティーはもちろん、普段会社オフィスで清楚な髪型として上司や男性社員から人気のあるまとめ髪です。
夜会巻きは一見難しく思われがちですが、ネット上に夜会巻きの動画や夜会巻きを簡単に仕上げれるヘアアクセサリーがあるので
私のように不器用でも夜会巻きを作ることが簡単にできますよ。


夜会巻きの動画
夜会巻きアクセショップの動画なので安心してみれます^^
夜会巻きのコツが分かる動画です。
スポンサードリンク


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。